ガジェット

【ゲームに最適?】PCスピーカー・卓上スピーカーとしておすすめ!音質も良し! Creative GigaWorks T20 Series II レビュー

CREATIVE-T20のタイトル

こんにちはりっしょ(@risshoblog)です!

近年はPCゲームがブームですよね。
私はPCゲームはしないのですが、PS4やNintendo switchなんかをPCモニターでやっています。

 

りっしょ
りっしょ
自室にTVがないんだな…

 

PCとスピーカーはオーディオインターフェイス経由でつないでいるんですが、PS4とNintendo switchはそのような繋ぎ方ができないので、PCモニターからの貧弱な音になります。。。

そこで何度も!調べて!探して!を繰り返し、優柔不断人間がたどり着いたのが今回ご紹介する

Creative GigaWorks T20 Series II

というわけです笑(長い前置きお付き合いありがとうございます…!)

このような人におすすめです!
  • お手軽なPCスピーカーを探している
  • 1万円以下で探している
  • 安価でスカスカな音質は嫌だ(私がまさしくこれでした)

それでは内容を見ていきましょう!

Creative GigaWorks T20 Series II について

※製品概要をまとめたものになるので、レビューが見たい方は飛ばしてください!

”グラスファイバーコーンのミッドレンジドライバーと布製ドームツィーターからなる2ウェイドライバー構成と、優れた低音を再現するBasXPortテクノロジーによるバランスの取れたオーディオ性能でモニタークオリティを実現するステレオスピーカー”(Creative WEBサイトより)

グラスファイバーコーンドライバー

主に中低音域の周波数特性で、どんなジャンルの音楽にも最適とのこと。
温度や湿度の変化を受けにくい高性能グラスファイバードライバーを採用。

布製ドームツィーター

クリアな高音域を再生するために専用ツィーターを搭載しています。

2ウェイデザイン

上記2つのドライバーとツィーターを組み合わせることでクリアな高音域とふくよかな中低音域のバランスの良いサウンドを再現します。

BasXPort™テクノロジー

音の流れを作り出すように音響的にデザインされているようです。
細部までこだわりが見れますね。

スペック

今回も表にしてみました!よくわからない項目もあります汗

スピーカー出力 14W RMS/ch
周波数特性 50Hz – 20kHz
S/N比 80dB
外形寸法 約14.3 x 8.4 x 23.0cm
重量 約2.1kg(ACアダプター含まず)
入力端子 アナログ入力2系統
– 2ch(ステレオミニジャック) x 1
– AUX入力(ステレオミニプラグ) x 1
出力端子 ヘッドフォン出力(ステレオミニジャック) x 1
電源 DC 27V(ACアダプター)
製品構成
(付属)
Creative GigaWorks T20 Series II 本体
ステレオラインケーブル(両端ミニプラグ, 2m)
RCAピンジャック – ステレオミニプラグ変換アダプター
ACアダプター(DC 27V 1.7A)
クイックスタートガイド
ハードウェア保証書/テクニカルサポートパンフレット

T20の音質・使用感

音楽を流した場合

T20の音質ですが良い意味でフラットな音質だと思います。
先述しましたが、ツィーターとドライバーが2ウェイという形でレイアウトされているのでバランスよく出力されているんだと思います。

フロントパネルのBASSを上げればそれなりに低音も厚くすることができます。
この”厚くする”という表現がまさしく合っていて、机を揺らすようなずっしり感のある低音が出る印象ではありません。用途によっては好みが分かれるところかと思います。

TREBLEのつまみの効きも良く、最大まで上げるとシンバル類の音がシャリシャリとします。

改めて聞いてみて、音質調整の効きはかなり良いです。
自分の好みに合わせて調整できるのは非常にいいところですね。

ゲームでの使用感

出音が早いというか、出音がスッとしているというか…ひどい語彙力ですが(涙)、
動画視聴やゲームといった用途には向いている製品だと感じました!

このスピーカーで”龍が如く0”をプレイしていましたが、戦闘シーンではなかなかの迫力が出ます笑

りっしょ
りっしょ
良いゲームだったなぁ…

実はこのスピーカーはファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア Windows版 推奨スピーカーとして当時より売り出されていました。

ゲームに最適?とタイトルで記載しましたが、最適!といっても良いのではないかなと思います!お手軽です!

スピーカーとしての使用感

フロントアクセス部にボリューム調整、音質調整の他、ヘッドフォン出力とAUX入力も装備されているので、ケーブルを差し替えずに切り替えることができます。

りっしょ
りっしょ
この点はおすすめポイントの一つです!

【参考】T40との比較

Creative GigaWorks T40 Series IIというグラスファイバーコーンドライバーが追加された上位モデルがあります。

家電量販店で試聴した程度ですのでお話するのも恐縮ですが、中低音のふくよかさが増している印象でした。

しかしながら、T20でも音質的にバランスが取れているので価格に対してのそこまでの大きな差感じることができませんでした。

あと単純にT40はでかいです。T20に比べて縦は9㎝も高くなります。

ただ出力も14W RMS/ch→16W/chにアップしているので、音量をかなり上げた場合の余裕はこちらの方があると思いました。”余裕がある”という事は再現性にもかかわるので、この点は選択のポイントになるかなと思います。

 

りっしょ
りっしょ
あくまでも個人的な感想です!私はT20を選んで満足できました!

【Creative GigaWorks T20 Series II】まとめ

PCスピーカーや卓上スピーカーとしては実際に使用していて、価格帯以上の満足感はありました!

逆にテレビなど基本が大音量で使用する用途であれば高出力のスピーカーを検討してもいいのかなと思いました。スピーカーの出力と大きさ自体もそこまで大きくないので、音量を上げた際に良さを感じることができ無いかもしれません。

あくまでもPCスピーカーや卓上スピーカーとして、スピーカーとの距離が近い方が良いかなと思います。

ちなみにPCモニター付属のスピーカーから、T20に切り替えてゲームをした際はその違いに非常に感動したのを覚えています(当たり前ですが)笑

このような人におすすめです!
  • お手軽なPCスピーカーを探している
  • 1万円以下で探している
  • 安価でスカスカな音質は嫌だ(私がまさしくこれでした)

始めに書きましたが、上記に当てはまる方は是非一度検討してみてくださいね!

おすすめです!

記事を読んでいただいてありがとうございました!
また次回の記事でお会いしましょう!