ガジェット

【JPRiDE TWS-X】が登場!TWS-520と比較レビュー!

JPRiDE TWS-Xの記事タイトル

どうもりっしょ(@risshoblog)です!

2週連続のJPRiDEの新製品ラッシュにて、ついに完全ワイヤレスイヤホンの新作が登場しました。

完全ワイヤレスイヤホン【JPRiDE TWS-X】になります。

その快適性から前作の【TWS-520】を1年間愛用してきましたが、本作は順当な進化を随所に感じました◎

今回は【TWS-X】のレビューをしながら前作【TWS-520】との比較レビューもしていきたいと思います!

TWS-520のタイトル
【JPRiDE TWS-520】 コスパ最高!完全ワイヤレスイヤホン!レビューどうもりっしょ(@risshoblog)です。 Amazonセール皆さん何か購入されましたでしょうか? また次回セール時に興味を持っ...

イヤホンのデザインが一新

JPRiDEの2作目の完全ワイヤレスイヤホンとなる【TWS-X】は前作の【TWS-520】からデザインが一新されています。

充電ケースはH35mm×W65mm×D35mmと比較しても非常にコンパクトです。

イヤホン本体のデザインも変更されています。装着感等は続けてレビューしていきます。

イヤーピースの付属は3サイズ+形状違い2サイズで前作同様です。

装着感が素晴らしい!

私が【TWS-X】でまず驚いたのは耳へのフィット感が素晴らしい点です。

初めて耳に装着した時の、すっぽりとくる収まりが素晴らしく良いです。とても快適な装着感です。

前作もレビューした際にも装着感は良好と記載していましたが、TWS-Xはそれを越えいます。

これは完全ワイヤレスイヤホンの快適性の面で非常に高いメリットとなるかと思いました。

また耳にすっぽり収まるこのデザインは、装着時にも目立たずスッキリとしているのでとても好みです◎

コンパクトにまとまった音質

音質については左右の分離は良いですが、奥行の表現は値段相応かなと思います。なので少しこもったように聞こえるのが第一印象でした。

しかしながら聞き込んでいくとこのイヤホンの良さがわかってきました。

音はどこかを強調しないフラットでバランスの良い鳴り方をしてくれるので、好みの分かれにくい音質だと思います。

スッキリとコンパクトにまとまった音質というのがふさわしいですね。

耳が肥えている方には多少物足りなさは感じるかと思いますが、初めての完全ワイヤレスイヤホンの入門機にはとても良いと思います!

前作TWS-520との音質の違い

前作の【TWS-520】はかなり低音が強調された音質となっています。

音圧やダイナミックさを楽しむことができるイヤホンです。その分【TWS-X】と比較すると多少中高音域の輪郭がぼやける感があるかなと思います。

  • フラット・まとまりのある【TWS-X】
  • 低音・音圧のある【TWS-520】

比較するとこのように感じました。

音については進化というよりは方向性の変更だと感じましたので、好みによって選んでみるのもありかなと思います◎

TWS-520のタイトル
【JPRiDE TWS-520】 コスパ最高!完全ワイヤレスイヤホン!レビューどうもりっしょ(@risshoblog)です。 Amazonセール皆さん何か購入されましたでしょうか? また次回セール時に興味を持っ...

操作性が向上しました!

操作性に関しても【TWS-X】が進化したポイントがあります。

本作より3回イヤホンをタップすることで音量の上下か可能となりました!

これは実際使ってみるとわかりますが、非常に便利な機能です。

天下のAirpodsも一度siriを呼び出さないと音量調整はできなかったと記憶しているので、これはとても大きなメリットだと思いました。

もちろん音楽の再生、次の曲、前の曲…といった従来の操作はもちろん可能です。

スマホなど接続したデバイスに触れることなくできることが増えたのは順当に良い進化だと思います!

接続方式の変更

【JPRiDE TWS-X】の接続方式についても前作より変更があります。

【TWS-X】をデバイスに登録す際「L-JPRiDE TWS-X」と「R-JPRiDE TWS-X」と表示され、イヤホンのLRそれぞれを登録することが可能です。

本作ではL側が親、R側が子となるので基本的にはL側のみ登録をしておけばケースから取り出すことで自動接続され、両側イヤホンより音が流れます。

しかしここからが進化していて、L側をケースにしまったり、R側のみをケースから取り出した際にR側を登録しておくことでR側のみでの音を流すことができます。

もちろん親であるL側のみでの再生も可能です。

前作の【TWS-520】はR側のイヤホンが親、L側が子となり個別の登録ができませんでした。なので片側での再生可能なのはR側のみです。

もちろん接続の安定性に関しては申し分なく、使用中に途切れたことはありません。

この接続方式の変更については大きな進化です!とても便利になりました!

充電がとにかく持ちます

【TWS-X】は充電ケースと合わせて約20時間もの音楽再生が可能です。(音量によってはさらに伸びます)

【TWS-520】もケースと合わせて約20時間と謳っていますが、イヤホン単体でいうとバッテリー持ちに大きな差があります。

  • 【TWS-X】は約10時間
  • 【TWS-520】は約6.5時間

確かに体感として【TWS-X】は全然充電する機会がありません笑

イヤホン単体でも再生時間が長いので、ケースに戻して充電を待って…といった面倒が減ります。

また本作は充電がUSB-Cとなりました!これも嬉しい方は多いと思います!

対応コーデックの違い

対応コーデックも前作より進化しています。

  • 【TWS-X】・・・AAC、aptX
  • 【TWS-520】・・・AAC

本作【TWS-X】はapt-Xに対応しています。Android機器でもより安定した接続が期待できるのでこの点も進化していると思います。

またAAC接続の恩恵もあり、iPhoneでの動画遅延等は特に気になりませんでした。

【まとめ】JPRiDE TWS-Xは進化とコスパに注目!

ここまでレビューしてきましたが、【JPRiDE TWS-X】は完全ワイヤレスイヤホンとしての使用感が非常に向上しています

装着感・操作性・接続方式・充電性能、とても扱いやすいイヤホンです。

特に接続方式・充電性能に関しては【TWS-520】から大幅に進化していると感じました。

音質については値段相応か少し上程度で考えてよいかと思います。有線イヤホンのJPRiDE Premiumシリーズなんかと比較するとどうしても劣ります。(オススメ記事はこちら↓)

1980 BLUE MOON タイトル
JPRiDE Premium 1980 BLUE MOON レビュー◎こんにちはりっしょ(@risshoblog)です! この度JPRiDEの上位モデル・Premiumシリーズより二製品が発売となりま...

しかしながら、【TWS-X】は完全ワイヤレスイヤホンとしての快適性が素晴らしく、初めての方や気軽に音楽を楽しみたい方にとてもオススメできるイヤホンです。

内容としてコスパの高いイヤホンになっています!気になる方は是非チェックしてみて下さいね!