ガジェット

【JPRiDE TWS-520】 コスパ最高!完全ワイヤレスイヤホン!レビュー

TWS-520のタイトル

どうもりっしょ(@risshoblog)です。

Amazonセール皆さん何か購入されましたでしょうか?
また次回セール時に興味を持って頂ける様な記事を書けるようこれからも頑張ります!

 

今回は私が愛用している完全ワイヤレスイヤホン【JPRiDE TWS-520】をご紹介します!

上記に当てはまるような方にはぴったりの製品だと思っています!

りっしょ
りっしょ
完全ワイヤレスイヤホンが初めての方にもおすすめです!

今調べたら値下げして5000円以下に…!うそやん!

 

【JPRiDE TWS-520】について

タイトルや冒頭で記載している通りJPRiDE TWS-520は”完全ワイヤレスイヤホン”になります。

先日ご紹介したイヤホンのような”ワイヤレスイヤホン”はデバイスに差し込むプラグがついていませんが、LRのイヤホン同士はコードで繋がっています

完全ワイヤレスイヤホンはLRをつなぐコードすら全くありません

まさしく”完全”に”ワイヤーレス”なイヤホンとなります。

コードがないというのは非常に快適な装着感です!その辺の使用感は後の項目で!

おそらく一万円以下の完全ワイヤレスイヤホンの中ではトップクラスではないかと思っています!

それが値下げして5,000円以下とはびっくりです。

製品スペック

商品スペックを説明します。まずは表にまとめましたのでご覧ください!(今回は表にもコメントを追加していきます!)

商品名 JPRiDE TWS-520
Bluetooth Bluetooth ver5(電力消費効率と通信安定性が向上)
重量(超軽量!) イヤホン:4.8g 充電ケース:39g
対応コーデック AAC(iPhone対応高音質コーデック!)、SBC
 防水性能  防水 IPX5(ランニングに十分な性能です!)
再生時間 1回のフル充電で6.5時間再生
充電性能 充電ケースで3回のフル充電可能
内容物 ・USB-MicroUSB充電ケーブル
・イヤーピース 3サイズ
・説明書、保証書

実際に使用してみて私が思う、このスペック表で注目すべき点は3点あると思っています!

通信の安定性

最新のBluetooth ver5対応という事で、本当に通信が安定しています。

音楽や動画を楽しんでいる時に通信が途切れたりといったイライラがほぼありません。

よく見かける異常に評価の高く、異常に価格の安い完全ワイヤレスイヤホンは、音も通信性能も最低と聞きます。。。

特に完全ワイヤレスイヤホンは高価で音質が良くても通信が不安定なものが見られるので、この安定性というのは大きなポイントです!

超軽量な装着感

これ本当に最高です。

イヤホン自体が片方約4.8gと非常に軽量な設計となっているので、イヤホンの装着感が非常に快適です。

完全ワイヤレスは個々の重量がそのまま耳に掛かってくるので、耳への負担がありません。

またカナル型なので遮音性も良く、動画や音楽への没入感も得られます。付属のイヤーピースも種類豊富なので嬉しいところ!

充電ケースもコンパクトでポケットにも入る大きさですので、持ち運びにも便利です。

聴きたい時にスッと持ち出せるこの心地よさは、私が使用していて感じる非常に良い点です!

充電性能

ケース自体に充電性能があり、イヤホンをケースにしまうだけでイヤホン自体に給電されます。

まずイヤホン自体の連続再生時間が6.5時間に加え、ケースとの充電を合わせれば約20時間の再生が可能となります。
(なおこれは音量100%の場合なので、状況によってはより持ちます!)

ワイヤレスイヤホンの弱点として充電が切れると使用できない点があります。意外と充電忘れてしまうのはよくあることです。

このイヤホンはケースにしまうだけで充電されるので、イヤホンの充電忘れを気にせず使用できます。

実際に使用していて、本当に充電が持ちます!
ライトな使い方をすれば数日はケースに充電する必要がないので、電池切れに怯えるストレスから解消されました笑

ケースの充電残量も、閉じた際に点灯するので一目で確認することができるので、この点も使用者への配慮がなされていて良いですね!

使用感

製品スペック表からは見れない、実際に使用してみての感想をお話しします!

デバイスとのペアリングについて

一度デバイスとペアリングを済ませてしまえばその後も記憶されます。

次回以降ケースからイヤホンを取り出すだけで電源がオンになり、デバイスとペアリングが完了します。

ケースから取り出すだけですぐ音楽や動画鑑賞に移ることができ、これがまた快適です!

音質について

気になる音質についてです!ここは私の率直な感想を書きます。

音に関しては一言でいうと低音よりの音質です。

バランス的には低音がふくよかで、おそらく意図的に持ち上げて設計されているんだと思います。

初めは低音が出すぎかな…と思っていましたが、数時間音楽を流してエージング(イヤホンを馴染ませる行為)を行った後は気にならなくなりました

相対的に高音域は少し引っ込み気味に聞こえますが、低音にいやらしい感じはなくダイナミックな音に仕上がっています

このダイナミックさは完全ワイヤレスで言えばなかなかの音の良さだと思います!

先日ご紹介したANC-510と音質を比較すると、低音の出はTWS-520、高音域のスッキリしているので音像がつかみやすいのはANC-510かなと思います。

機能面でどちらにも良さはありますので、気になる方は是非お試しいただければと思います!

ANC-510 タイトル
【1万円以下】コスパ良し!音質良し!ANC(ノイズキャンセリング搭載)イヤホンのご紹介! JPRIDE ANC-510こんにちはりっしょ(@risshoblog)です^ ^ これからどしどし記事を投稿していきます! 今回はイヤホンの記事です。 ...

AAC対応もしており、動画の遅延も気にならないレベルですので音楽的な使用以外でも非常に使いやすいと思います!

操作感

イヤホンをタッチすることで操作が可能です。

物理ボタンではなくタッチ操作なので、見た目もスッキリしています。

ここも表でまとめておきます。

電源オン イヤホンからケースを取り出す
OFFの状態でイヤホンを3秒タッチ
電源オフ イヤホンをケースに入れる
ONの状態でイヤホンを5秒タッチ
ペアリングモード
他の機器とのペアリング
右イヤホンがOFFの状態で電源をONにして
さらに3秒タッチし続ける
前の曲 左のイヤホンを2秒タッチ → 曲の冒頭へ
さらに2秒タッチ → 前の曲へ
次の曲 右のイヤホンを2秒タッチ
再生/一時停止 右のイヤホンをダブルタップ
着信に応答 左右どちらかのイヤホンをダブルタップ
着信に応答せず切る 左右どちらかのイヤホンを2秒タッチし続ける
電話を切る 通話中にダブルタップ
Siri等の起動 左のイヤホンをダブルタップ

これだけの事がイヤホンのみで操作可能です!

いちいちデバイスを取り出し操作する必要がないので快適な上、タッチ感度が良いので楽チンです。

ただ耳にイヤホンを押し込んだ際に次の曲へ移行してしまったりするので、誤操作もあるっちゃありますかね笑

【JPRiDE TWS-520】まとめ

この商品の発売は昨年の夏だったでしょうか。

それ以来このイヤホンを飲み会や出張などに持ち出して、移動中の頼もしいお供となっています。

聴きたい時に”スッ”と取り出して快適に音楽や動画といったコンテンツを楽しめるので、音楽を聴くハードルを”グッ”と下げてくれます。

 

これがこの【JPRiDE TWS-520】の真価なのではないでしょうか。

 

完全ワイヤレスイヤホンのコードがないことの快適性は体験すると本当に”楽”なんです。
安価でそれなりの音質もこのイヤホンは期待できるので、初めての方にも”是非”とお勧めできると思っています!

初めにも書きましたが上記のような方に本当におすすめしたい商品です!

5,000円以下では一択だと思います笑

次回は有線イヤホンや少しテイストの変わった商品紹介もできたらな、と色々考えています!

またぜひ会いに来てください!皆さんの興味の沸くような記事が書けるよう今後も頑張ります!!