ガジェット

【1万円以下】コスパ良し!音質良し!ANC(ノイズキャンセリング搭載)イヤホンのご紹介! JPRIDE ANC-510

ANC-510 タイトル

こんにちはりっしょ(@risshoblog)です^ ^
これからどしどし記事を投稿していきます!

今回はイヤホンの記事です。
早速ですが皆さんはこんな風に思ったことはないでしょうか?

  • 音が良い、でもコスパの良いイヤホンを探している…
  • 1万円以下で探している…
  • 手軽にANC(ノイズキャンセリング機能)を体験してみたい…

僕も同じ悩みを繰り返しながら様々なイヤホンを試してきました。
そんな中最近購入して、お勧めしたいのがjpride ANC-510です!

 

JPREDE ANC-510について

JPRIDEが2020年の新製品として発売した

ANC(アクティブノイズキャンセリング)搭載のbluetoothイヤホン

です。

JPRIDEは”ハイブランドを低価格で”と打ち出している通り、
コスパの高いイヤホンを提供しているメーカーです。

外箱もとてもしっかりしていて高級感があります。

イヤーピースは初期でイヤホン自体についている物を含めて5種類を付属しています。
自身の耳に合わないリスクが少なくなるのでこれは嬉しいところ。

イヤホンについている操作部により、手元操作で以下のことができます。

ANC機能のON・OFF / 音量調節 / 再生 / 一時停止 / 次の曲 / 曲を戻す / 通話開始 / 終了 / 拒否 / Siri・Google Nowなど音声アシスタント起動

いちいちデバイスに触れることなくこれだけの操作が可能です!
使ってみるとわかりますが、これが意外と便利です!

ネックバンド部は新素材とのことで、とてもしなやか且つ軽量です。
ゴムのような滑らない素材で、肌あたりも良い装着感です。

イヤー部は磁石でくっつきまとまるので、使用しない時は首にかけてまとめておくことができます。

スペック

表にまとめてみました!

機能 ANC(アクティブノイズキャンセリング搭載)
連続再生時間 12時間(ANC使用時:9時間)
対応コーデック SBC、AAC
防水性能 IPX5
ドライバーサイズ 10mm
充電コード micro USB
Bluetooth バージョン Bluetooth 5.0
メーカー保証 12ヶ月

ANC(アクティブノイズキャンセリング)とは?

ANC(アクティブノイズキャンセリング)とは簡単に言えば、

騒音に対して逆位相の音を発生させることで騒音を消す

という技術です。

りっしょ
りっしょ
最近はappleのairpods proが登場した事でANC搭載イヤホンの注目が高まっていますよね!

普通ANC搭載のイヤホンは数万円するようなイヤホンが多いですが、このJPRIDEのANC-510は1万円以下でノイズキャンセリング機能を搭載しています。

amazonなどでANCをうたい評価がやたらと高く、安価な中華製イヤホンが見られます。これらはサクラの可能性が高いので見極めが必要です。

ANC-510 ノイズキャンセリング機能

ANC-510のノイズキャンセリングとしてはそこそこかなと思います。
ANC機能をオンにした場合の部屋での使用で、エアコンの音は少し聞こえる程度です。

本を読む目的でカフェに行きANC-510を使用しましたが、効果は絶大でした!
本を読むのが苦手なのですが、スッと静寂に包まれて集中力が高まります。

逆に比較的うるさい環境の電車で使用してみたところ、外音は入ってきました。
しかしANCをオフにした場合はガタンゴトンという下にズンとくる低音がかなり入ってきましたので、低音寄りの外音を大幅にカットできている印象です。

ANC搭載イヤホンの入門機としての位置づけになるかと思いました。

音質・使用感

高音域が綺麗な印象です。かと言って低音域が出ていない訳ではありません。
リスニング用途として聞きやすい、バランスのとれた音だと思います。

逆にズンズン来る低音重視が好みな方には少し物足りなく感じてしまうかもしれません。

出るところが出ていながら誇張されている感じがなく、クリアな音質が好印象でした!

また動画視聴の際の音の遅延に関してもほぼ気になら無いと言っても良いと思います。iPhoneでのAACの恩恵を受けているのかもしれません。

(AACは主にiPhone等で扱われるオーディオコーデックになり、高音質・低遅延となります。iPhoneで音楽や動画視聴をされる方はAAC対応のイヤホンかどうかをチェックしてみて下さい!)

僕の使用感としてはANCにより”細かな音”は雑音に消されることなく、そのまま”細やか”に聞こえるので単純に音楽への没入感が得られると感じました。

またBlutoothイヤホンの中でもネックバンド式(首に引っ掛けるタイプ)なので、つけ心地も良いですし、イヤー部が非常に軽く快適です。
使わないときはマグネットでくっつければ不用意に動くこともありませんのでその点も評価できますね。

【JPRIDE ANC-510】まとめ

正直な感想として、1万円以下でここまでの機能と音が出せるのか…という印象です。

JPREDE が公式に商品説明で記載している通りairpods pro等の高価なイヤホンのANC効果には届きませんが、そのクラスのイヤホンとの価格差は4~5倍以上です。

また単純にワイヤレスのbluetoothイヤホンは楽ですね。笑
近々有線のイヤホンもご紹介する予定ですが、快適性はワイヤレスに軍配です!

(追記:レビューしました!↓)

PRRIDE Premium 1984 タイトル
【JPRiDE Premium 1984】これが1万円以下?コスパ最強の有線イヤホン!こんにちはりっしょ(@risshoblog)です! 今回は高コスパで有名なJPRiDEの上位シリーズの【JPRiDE Premiu...

 

りっしょ
りっしょ
ちなみに僕が始めてbluetooth対応のイヤホンを購入したのがJPRIDEでした。

JPRIDEの製品は新製品が出るたびに迷いながらも毎回購入しています!
コスパはそのままに音も機能も間違いなくアップデートされていますし、個人的に信頼の厚いメーカーです。

興味を持たれた方は是非一度試してみてくださいね!

JPRIDEの製品はこれからも度々紹介していきます!

少しでも参考になれば嬉しいです!
また次回の記事でお会いしましょう!