ガジェット

【ロジクール K295】リモート会議におすすめな無線・静音キーボードレビュー

こんにちはりっしょ(@risshoblog)です。

今回は無線・静音キーボード「ロジクール K295」のレビュー記事になります。

先日職場用にキーボードを購入しました。というのもリモート会議で使用する際にキーボードの打鍵音が気になったからです。

静音なだけでなく無線・フルサイズは仕事上使いやすいと思い購入しました。

ロジクールの静音キーボードK295を実際に使用して、良かった点・気になる点についてレビューしていきます!

【ロジクール K295】の特徴と外観

「ロジクール K295」は静音キーボードになります。公式HPでの名称は「K295 サイレント ワイヤレス キーボード」となっています。

特徴を表にまとめました。(スマホの方は横スクロールでご覧になれます)

キーボードの種類 メンブレン式
接続方式 無線(USBレシーバー)
サイズ フルサイズ 幅441mm×奥行149mm×高さ18mm
重量(電池含む) 498g
電池寿命 電池×2で24ヶ月の長寿命
グラファイト・オフホワイト
特徴
  • キーボードのノイズを90%以上軽減
  • 静音でもタイピングの感触は通常と同じ
  • メディアキー付き
  • 耐水設計

外観としては中央手前が流線形となっています。スペースキーに静音の印字がありますね。

キーキャップは平たく設計されていますね。触り心地はサラサラとしてます。

印字は印刷ではないです。安価なのでここは仕方ないですね。

高さは、脚を立てないか・立てるかの二段階調整となっています。

良くも悪くも外観は普通のフルサイズのキーボードといった感じです◎

静音性が素晴らしい

ロジクール K295はノイズ90%以上軽減というだけあって、静音性が素晴らしいです。

普通のキーボードが「カタカタカタ…」と表現すると「トットットッ…」という感じです。

キーを押した後の響きが吸収されているような感覚です。響かないというのは良いですね。

また静音ですが打鍵感については通常のキーボードと遜色ありません。

押した感覚がしっかりとあるので、キーボードを替えても違和感なく慣れることができました。

もちろんテンキーも静音、仕事では重宝しています。

リモート会議でも全く音が気にならなくなりましたし、通常仕事する際にも周りの目を気にする必要がないです◎

求めていた性能通りで非常に満足感がありました!

メディアキーが便利

上部についているメディアキーが地味に便利です。独立しているのでfnキー等を押す必要もありません。

特に音量調整を手元のキーひとつで調整できるので重宝しています。

無線でも電池寿命が長い

無線キーボードはどうしても電池切れを気にする必要があります。

しかしこのキーボードは電池2本で約二年間の電池寿命があります。無線の弱点もしっかり考慮されています。

これだけ持てば電池を気にせず使うことができますね◎

K295の気になる点

実際に使ってみて気になる点として、キーボードの高さが中途半端かなと感じました。

先述しましたが高さも一段階の調整のみなので、合わない方も出てくるかもしれません。

もしタイピングしていて疲れがでる方はパームレストがおすすめです。

キーボード手前の高さが約13mmなので低めのパームレストが良いかと思います。

以下リンクの薄型でLサイズ(445mm)が推奨サイズになります。色はお好みで。

パームレストについては以前レビュー記事を書いていますのでご覧ください。

FILCO Genuineのタイトル
【疲労軽減・腱鞘炎防止】木の温もりを感じるパームレスト FILCO Genuineこんにちは(@risshoblog)です! 現代で皆さんは仕事や趣味でパソコンを使う機会が多い方もいると思います。 かつて私...

注意としてこの記事のパームレストだと高さが少し高いと思いますので、あくまでも薄型が推奨です!

「ロジクール K295」まとめ

この静音キーボードに替えてがあることで、職場では音を気にせずに作業や会議に集中できる様になりました。

周りを気にする点が一つ減ったのは、良いです(笑)

無線キーボードは安価だと案外種類が少ないので、ワイヤレスのキーボードを探している方にも候補として良いと思います◎

自宅では別のキーボードを使っていますが、仕事にはこちらのK295が大正解です◎

おすすめです!

関連記事